美肌とお酒の関係は?

美肌にお酒!?

外にでると暑すぎてクラクラしそうですが、紫外線も9月になっても真夏と変わらず「非常に強い」状態ですくれぐれも外出の際は紫外線対策をお忘れにならないようにご注意を

毎日暑いので、1日の終わりにアルコールを取る方も多いかと思います

アルコールは、お肌にもいい影響と悪い影響があります、適度なアコールは「百薬の長」ですが、すぎると「万病のもと」。
お酒のさまざまな効用のうち、いちばんに挙げられるのは、中枢神経を軽く麻痺させる精神的な作用による、ストレス解消でしょう。
そして、適度なお酒は、血行を促進させ、新陳代謝をアップします。また、食欲を増進させるはたらきもあります。

赤ワインに含まれるポリフェノールには、善玉コレステロールを増やしたり、悪玉コレステロールをへらす作用があります。
また、ぶどうのアントシアニンという紫色の色素は、眼精疲労に効果的です。
ただ、アルコールは、吸収、分解されるのに約6時間かかるため、就寝前に飲むと、寝ている間も肝臓がはたらきつづけることになり負担がかかります。お酒の飲みすぎは、肝臓障害や肝硬変の原因となります。また、日本酒やウィスキーなどのカロリーの高いアルコールは、体内で脂肪に変わりやすく、肥満につながることも。

お酒は、適度なら体やお肌によい作用をもたらしてくれますが、飲みすぎにはじゅうぶん注意しましょう

期間限定『紫外線対策・毛穴レス美白リフトスペシャルコース』好評です!是非お試しください。